梅雨と夏が似合う、奈良県有数のあじさいの名所「矢田寺」

先日、「矢田のお地蔵さん」で親しまれている矢田寺(矢田山・金剛山寺)に、あじさいを見に行きました。

矢田寺(金剛山寺)の山門矢田寺の山門横の案内図とあじさい

 

 

 

 

 

 

 

本堂の近く、参道の両脇では、紫に青にピンク、小さい花に大きい花、約60種類のあじさい10,000株のあじさいが咲いており、楽しませていただきました。

また、満開のあじさいを両脇に眺めながらが、展望台へとつながる「あじさい園」も楽しませていただきました。
足元に川が流れ、木陰の中を展望台へと続く道。
展望台へと続く通路は、木陰であり、また目にも涼やかなあじさいを眺めながらですので、心身ともに猛暑を忘れる事ができました。

 

 

 

 

 

 

 

あじさい以外にも、山門の近くでは、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す」に登場する、「沙羅(さら)」の樹もあり、白い花を咲かせていました。

 

 

 

 

 

 

 

なお、今年の「あじさい園」は、明後日(7月3日 日曜日)まで開園されるようです。

まだ、あじさいは咲き誇っているそうです。
暑さを一時忘れる、涼し気なあじさい。
ご覧になってはいかがでしょうか。

矢田寺の山門から見た空の風景

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。